読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「新日本プロレスのエース」の称号以上になるかもしれない棚橋弘至

新日本プロレス 棚橋弘至というレスラーは「エース」以上になるかもしれない。

オカダカズチカはエースか?いやレインメーカーだ。オカダは新日本プロレスに金の雨を降らすことがメインイシューだ。
 
「エースとチャンピオンが二つあるからわかりにくい」ということで2016.1.4のメインイベントがあった。勝者はオカダ、彼はベルトを防衛したが、エースになったか?
なってないと思う。
 
「エース」というのはチャンピオンのように防衛戦があるわけでないし、ベルトがあるわけでもない。
最もわかりにくい存在だが、誰もが認めているからエースと呼ばれるんだ。
1.4の後、記者会見で倒れこむ棚橋を見て誰もがびっくりした。「疲れない男が疲れてるように見える!」と「棚橋弘至の炎が消えたんじゃないか!」と。
しかしそれでも彼は「疲れていない」と言う。そうすれば安心する。
 
これSMAPの解散報道が出た時と似ている。
SMAP解散か?」確かにショッキングなニュースだが、「SMAPファン」以上に、「SMAPは居て当たり前だ。」と思ってる人がいたから、日本全国で話題になったんだろう。
学校でも、飲み屋でも、職場でも話題になったと思われるが、皆SMAPファンか?そうではないはずだ。
それぜもSMAPを求める。
無くなってはいけない。失ってはいけない存在だと思ったはずだ。
 
棚橋弘至とは、もしかしたらそういう存在なのかもしれない。
 
棚橋弘至は好きだが、オカダのファンだ。という人が多いと思うのだ。
私も棚橋弘至は好きだ。しかし彼のファンかと言われればそうではない気がする。
ファンはもちろん、ファンでない人にも好かれる男、棚橋弘至。
 
もし彼が居なくなったら、「失った」と私は思ってしまいそうだ。
 
久々に生で見た棚橋弘至は間違いなくエースだった。天井知らずの明るさ、サービス精神。だがそれ以上の闘士や気迫。
BULLET CLUBへのやられっぷり、「止めてくれ!」と思ってしまった。「やり返してくれ!」とも思った。
 
彼を失ってはならないと私は初めて思った。
いつまでもレスラーであってくれ!と。
 
しかし間も無く40歳を迎える棚橋弘至は、ベテランの域に差し掛かってきた。
そしていつまでも彼に頼ってしまうのもダメなんだろう。
アントニオ猪木藤波辰爾長州力、三銃士以上に彼を失いたくないと思ってしまう。
先に退団した中邑真輔や、次の新日本のトップであるオカダより、失いたくない。
 
今、トップという言葉が出たが、オカダはトップであり、棚橋もトップでありエースなのかもしれない。
 
棚橋弘至という男の存在は新日本プロレスの、暗黒期であり、復活の象徴だ。
そんな棚橋弘至には、新日本プロレスの未来も見せて欲しいと思う。そして見て欲しいと思う。
 
棚橋弘至よ。いつまでも新日本プロレスのエースであってくれ。
 
大阪大会の感想はまた書きます。
久々に棚橋弘至を生で見て感情が爆発してしまったので先に書かせていただきました。