読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシタツ復帰に思うこと。

ヨシタツが4.10両国で復帰することが決定しました。

彼は日本復帰試合のAJスタイルズ戦で大怪我を負いました。

そして2戦目のワールドタッグリーグに無理やり出場しその後長期欠場しています。

当時、新日本プロレスの中心にいたBULLET CLUBに絡みに行きましたが、怪我をしてしまいました。

今回もBULLET CLUB HUNTERとしての復帰です。

 

一昨年と比べると、新日本プロレス内で今一番ノッているユニットは

ロスインゴベルナブレスでしょう。

対するBULLET CLUBはカール・アンダーソン、ドグ・ギャローズ、AJスタイルズの離脱もあり、弱体化しています。

 

ここへ来てのヨシタツ復帰は、BULLET CLUBにおけるストーリーのセミファイナルかもしれません。

大阪での暴行。長岡大会で惜敗した棚橋、マイケルエルガンと組んで6人タッグ王座に挑戦します。

 

彼の新日本プロレス戦績を改めて振り返ります。

vsAJスタイルズ

パートナー棚橋vsオカダ、YOSHI-HASHI

パートナー棚橋、エルガンvsオメガ、ヤングバックス

 

こう見るとヨシタツという選手は、やはりBULLET CLUBと因縁深く、棚橋と縁深い印象です。

棚橋のパートナーといえば最近だとマイケルエルガン。その前がキャプテン。おそらくヨシタツはパートナーの第一候補でした。

 

BULLET CLUBの弱体化、上半期の棚橋はシングル路線から離れるということもあり、ヨシタツのポジションは非常に熱しやすい場所です。

 

個人的には新日本プロレス所属も願っています。

そうすれば、柴田と同じく出戻り組として、内藤が噛み付いてくる可能性があります。

 

ヨシタツという燃料。

アメリカ化しながらも差別化を図る新日本プロレスにおいて、最もWWEの空気を吸っているヨシタツ。

これまではWWEのヨシタツというキャラクターですが、もう一つ上積みを期待しています。