読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカダカズチカと内藤哲也。そしてSANADA?

内藤哲也大好きだな!」と言われても仕方ないぐらい取り上げていますが。

明記していませんが「照れながらも胸を張ってプロレスを語る。」ともう一つタイトルの候補がありました。

「照れながらも自分勝手にプロレスを語る。」です。

自分勝手なので、あまりバランスは考えておりません。

ついこの間は中邑真輔だらけでしたし。汗。

 

そんなバランスの悪い記事を書いていますので、タイトルに選手名が3人も入るのは凄く珍しいんじゃないですか。

 

IWGPチャンピオン オカダカズチカ

IWGPチャンピオン 内藤哲也

SANADAこと真田聖也

 

3人上げてみました。

うーん。2016年これからのシングル戦線はこの3人で回っていくのではないでしょうか。

という予想ですが、内藤哲也、オカダカズチカ、棚橋弘至の方がテッパンなんですが、、、

棚橋弘至が6人タッグのベルトを巻いたので、外しました。

1.4のメインに棚橋弘至は立っていないという予想です。

 

SANADAがIWGPヘビーを巻くことは現時点では無いと思いますが、

王座戦線には絡んでくるに違いありません。

そしてSANADAのシングルマッチがいち早くレスリングどんたくで組まれました。

 

ちなみに昨年10月に登場したEVILは11月に初シングルを行いましたが、結果は不透明。

その後タッグリーグに出場し、そして今年の3月のNJCでシングルを目一杯行いました。

 

この方程式にSANADAを当てはめると、5月に初シングル。G1でシングルを目一杯見せるという流れに出来ます。

SANADAが定期参戦なのか、スポット参戦なのか。よくわからないのでハッキリいえませんが。

でも、内藤は自らの初IWGPに、SANADA乱入を組み込んできました。それだけにスポット参戦はありえないでしょう。

というか、内藤哲也は自分のIWGP初獲得に、何度も何度も乱入を乗っけて来ています。紙テープどころの騒ぎじゃない!内藤哲也初獲得というより、ロスインゴベルナブレス初獲得じゃないか!(これは長くなるので、また別で書きます。)

 

大阪城ホール大会のカード予想ですが。

メインは内藤哲也とオカダカズチカのリマッチでしょう。

それ以外は正直さっぱりわかりません!

ICもタッグもジュニアもジュニアタッグもよくわかりません!正直。

 

城ホール大会が上半期の総決算というより、下半期のロケットスタート的な意味合いが強まりそうな気がします。

ざっと挙げてしまうともしエルガンがIC獲ったら、大阪城ホールでリマッチ?タッグのGBHもそろそろ味が薄まってきた。ジュニアはKUSHIDA確定と思ってたけどライガーも来たしなぁ。。。ジュニアタッグはもう毎回代わっててチャンピオン誰だよ!城ホールのカード予想より、その時のチャンピオン当てるだけでも大変!みたいな。

ところで、ブリスコブラザーズってもう来ないのかな?

 

大阪城ホール大会の理想を予想すると、レスリングどんたくがつまんなくなるし。

レスリングどんたくを理想を予想すると、大阪城ホール大会がつまらなくなる。

 

これをどうどちらも魅力的にするのか、マッチメイク術が本当に気になって仕方がない!

 

ということで大阪城ホール大会。現地観戦確定しました。この目で見届けてまいります!