読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リコシェオスプレイについて。「プロレスが壊れる」というより色々壊した結果がプロレスである。

www.youtube.com

 

ベストオブスーパージュニア公式戦で行われたリコシェとウィル・オスプレイの公式戦。

新日本プロレスは5.27後楽園のメインイベントに持ってきました。

 

内容についてはこれから触れるので、ひとまず現状についてなのですが、新日本プロレスワールド並びにYouTubeで全編無料公開されています。

ぜひ見てみてください。そして見てからの方がこれから書くことは楽しめるかもしれません。

 

このイベントの直後、新日本、WWEで活躍したビッグバン・ベイダーが以下のツイートをしました。

元ツイートは消えているのですが、冒頭のロープワークに対して「プロレスの動きではないので、プロレスの方向性としてとても悲しい」と

それに対してオスプレイ

 ベイダーのムーブを真似て「ベイダー・ターイム!」とリアクションしました。

ベイダーについてはおそらく冒頭のロープワークのみを見たファンの反応なのですが、徐々にこの試合内容について議論が広まっていきます

まずシェルトン・ベンジャミンのツイート

 プロレスビジネスを殺す方法とは、とても簡単なことで、皆がたった一つのスタイルでレスリングをすれば良い。もっと楽しもう。

 これはウィリアム・リーガルの長文コメントに対するリアクションでもあります。

 

 マット・ジャクソンも絶賛しております。

 

「今のプロレスはサーカスだ」と言っていた鈴木みのるもコメント。

 

「 色んな試合、色んな奴がいるからプロレスは面白い」とても単純なことなのである。

リーガルも同様のコメントをしています。

こういった批判のような疑問のようなツイートが多く寄せられたというのも、新日本プロレスが全編無料公開に踏み切った理由でしょう。

 

この試合についてですが、前半はハイフライな攻防。そこからエルボーのやりあい、ビンタのやり合いといった打撃も存分に見せつけました。

そしてよく聞けばわかるのですが、オスプレイはかなりリコシェを挑発しています。ですので試合後リコシェは一旦握手を拒否しました。

その後「ワンモアマッチ」の約束をして、がっちりと握手を交わしました。

これはおそらく大阪城ホールスペシャルメインイベントにこのマッチアップになるんじゃないでしょうか!

 

そしてそれを生観戦する私としては本当に大阪城ホールでやってほしい!!!!!