1年ぶりに実現したリコシェvsオスプレイ。同じ後楽園、同じメイン、より強くなった意地。

wrestling-k.hatenablog.com

1年前のベスト・オブスーパージュニア23でリコシェvsオスプレイが実現しました。

5.27後楽園ホール。メインイベントの出来事です。

同じハイフライヤーの二人が、繰り広げた一戦は賛否両論巻き起こす試合になりました。

1年前私も反応しましたが、結論としてはタイトルにもしていますが「プロレスとは色々壊した結果がプロレスなのだ」と。

言葉足らずですが「プロレスが壊れる」という批判は最もプロレスを壊す近道であるという、プロレス関係者たちの発信も紹介しながら書きました。

 

2016年と2017年、同じベスト・オブスーパージュニア、同じカード、同じメインイベント、同じ後楽園ホールで行われたこの試合、何が変わらず、何が変わったのかを紐解ければと思っています。

 

2016年は16分47秒

2017年は27分27秒

試合時間が長いことがそのまま評価に直結するわけではないと思っていますが、

しかし、ある程度の長さは満足感と達成感を得るためには必要だとも思います。

今年は、昨年と比べておよそ10分ほど長かったです。

決して間延びしたわけではなく、手数が増えました。

しかしハイフライな攻防が増えたわけではなく、序盤のトラディショナルなレスリングの動きに注目しています。

ウィルオスプレイという選手が回転ならば、リコシェはバネ。

ハイフライでも少しアプローチの違う二人であることは周知の事実です。

しかしオスプレイは英国出身で、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン(ランカシャースタイル)の動きを持っています。

これはマーティスカル、ザック・セイバー・ジュニアも同じく持っていて、少し前では柴田勝頼ランカシャーの動きを見せていました。

関節を取り合い、右足を決められたら左足で体重を乗せ外す。

文章では非常に説明しにくいのですが、いわゆる「シブさ」を感じるレスリングです。

今回オスプレイはこの動きを序盤数分ですが見せました。

リコシェランカシャースタイルではありませんでしたが、グランドレスリングの動きを見せました。

これは昨年「ダンスの動きだ」と批判されたことに対する答えだと私は解釈しています。

「ダンス」「プロレスではない」「サーカス」

こういった批判は「闘い」でありながら「エンターテイメント」であるプロレスには付き物です。

非常に複雑なのは、プロレスに対する批判がプロレス側から出てくるというジレンマがあります。

しかしリコシェオスプレイは「意地」というものを闘いのテーマにしていました。

ティヘラで着地されたら着地仕返す。相手が出してきたことを出し返す。

チョップを打ったら胸を差し出す。そしてまた相手の胸にチョップを叩き込む。

「相手の技を受け止めたからこそ、倒したことに意味が生まれる。」

これがプロレスの全てです。

ただ勝つだけ、ただボコボコにするだけ、ただ倒すだけ。それだけでは「意味がない」というのです。

 

オスプレイリコシェが意地を張り合う姿は、チョップを打ち合っている姿にしか見えませんでした。

彼らは「新しいこと」をしているわけではありません。

「新しい見せ方」をしているだけで、根っこにある哲学は何も変わっていません。

 

 

オカダ、ヒロム二人のチャンピオンが語った「プロレスにおけるプロレスラーとは、怪我とは。」

新日本プロレスで怪我人が続出していることは事実です。

それが必然なのか、偶然なのか。そんなことはどうでもよくて、誰の責任なのかも関係ありません。

邪道が黄色いリストバンドを付けた。

テンコジがこけしムーブを行った。

オカダが、激闘の末に送ったメッセージ。

そして高橋ヒロムとオカダカズチカ。

IWGPのヘビー級とジュニアヘビー級のシングルチャンピオン二人が語った。ことが全てではないでしょうか。

 

いやあ、こんな試合をしてもさ、きっと言うんだろ? 『危なすぎる』だとかさ、『危険だ』とかさ。今、なに、そういうのがはやってんの? そうやって、『危険』とかって言って、『危ない、危ない』って言って、その割にいい試合しようとかっていう、そういうのがはやってんのか? 何だか知らないけどさ、俺たちは新日本プロレスで闘ってるレスラーだよ。な? ここまで来るのによ、何千回も、何万回も受け身とってんだよ。俺は、あえてもう1回言わせてもらうよ。(※ゆっくりと上体を起こしながら)俺たちはプロレスを愛してる。俺たちと同じぐらい、お前らもプロレスを愛してるんだったら、俺たちの闘い、もっと楽しまなきゃ損だぜ。俺の言ってる意味わかるか? 心の底から叫んで、暴れろ。そして、楽しめ。じゃなきゃ、心の底から、人のこと応援できねえだろ? 心の底から、人のこと愛せねえだろ? 俺たちのこと、もっと愛してくれよ。

www.njpw.co.jp

 

特にありません。と、言いたいところだけど今日は言わせてください。

(沈黙)

IWGPの闘いはきついです。みんなが全レスラーが、このベルトを目指すからこそ、闘いも激しくなります。

激しくなるからこそ、みんなが全力で戦うからこそ怪我をする人も出ます。

でも、プロレスラーは超人です。

どんな技を食らっても立ち上がります。

最後まで諦めないのが、プロレスラーです。

これからも全力で闘って、皆さんに素晴らしい闘いを魅せていくからなぁ!

まだまだ、このプロレス界に金の雨が降るぞ!

福岡国際センター、金色に輝く雨が今宵も降り注ぐ!

王者オカダ、決意の言葉、覚悟の言葉。

ファンの大歓声に答えます。

真壁さん、オカダカズチカの今の言葉、真壁さんはどんな思いでお聞きになったんでしょう。

真壁刀義「なんだろうね。柴田と闘ってね。(時として)自分が闘っている中でわからなくなることが、色んなものがあるの。

だからそれをね。ヤツは心の中でどうしても引っかかることがあると思うんだ。それを勝ったことで、お客に、わかってもらいたいんだよ。

プロレスってやわな商売じゃねぇんだよ。ホントさ。

いつなんどきでも死と隣り合わせなんだよ。マジで。

そんな状況の中で闘ってますよってことをヤツはね。今のファンにわかってもらいたかったんだと思うんだよね。どうしても自分の中で引っかかったことだと思うんだよ。」

GK「本当にIWGP戦えば戦うほどハードルが上がる。しかも、自分でハードルを上げているわけですよ。前の試合より今回、今回より次の試合。そうやって戦いの最前線にいるオカダが言うからこそみんなに響くと思うんですよ。

やっぱりそれは柴田へのメッセージであり、柴田に対してまた立ち上がるという、「約束しただろ」という。ファンの願いでもある、すごく震えました。

チャンピオンとしても人間としても素晴らしい男ですよ。」

バックステージコメント中略

――最後に、リング上でプロレスに対する思いをファンの皆さんに話されていましたが。
オカダ「IWGPの闘いは、キツイです。ボクはただ、みんな、精一杯闘ってるということを。

それで怪我があるかもしれないですけど、プロレスの技は危険な技しかないし、安全な技なんて一個もないし、勝とうとするために全力をかけてやってるわけですから。

キツイ闘いが続いて。でもやっぱり、レスラーは超人ですからね。そのために身体も鍛えて、練習もしっかりして。

だからこそ、どんな技も返せるし、立ち上がれるし、最後まで諦めないと思いますからね。

ただちょっとね。怪我が続いてるかな。というのもありますんで。だからと言って、ボクたちは手を抜くこともできないですし、全力で闘って。

会社も会社でね、しっかりケアしてもらって、ボクたちはまた全力で闘って、会社も会社で全力でボクたちを守ってもらって、また素晴らしい闘いをね、皆さんに見せれたらいいんじゃないかなと思います」

 

 プロレスとは虚構と事実の最大公約数的なものだと思っています。 

そこに虚構もあれば事実もあります。

事実として柴田、KUSHIDA、本間は大怪我をし、緊急搬送され。

ヒロム、オカダはこの言葉が事実か虚構か。ではなく、ヒロムとオカダのこの言葉は事実によって導かれた言葉なのです。

 

田口ジャパンで大笑いしましょう。

ヒロムの技でヒヤッとしましょう。

飯塚高史から逃げ惑いましょう。

大好きなレスラーに大きな大きな歓声を送りましょう。

黙ってみるのが好きな方はそれももちろん良いでしょう。

プロレスを愛しましょう。

 

僕は、照れずに胸を張ってプロレスを愛してます。