読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年スケジュールから見る。新日本の狙い

 

 

まず、2017年新日本プロレスのビックマッチスケジュールを書き出します。

1.4東京ドーム

2.5札幌

2.11大阪

3.6大田区

3.20長岡

4.9両国

4.29大分

5.3福岡

6.11大阪城

7.17〜8.13G1

(以下予想)

9月神戸

10月両国

11月大阪府

12月タッグリーグ

 

新日本のビックマッチは近年増加傾向にあります。

なぜ増加傾向にあるのかというと、新日本プロレスにはIWGPヘビー、IWGPインターコンチという2つの大きな軸に、NEVER無差別級、IWGPジュニアヘビー級というシングル戦線。

そこにIWGPタッグ、IWGPジュニアタッグ、NEVER無差別6人タッグというストーリーを持っています。

ベルト戦線のみでマッチメイクが行われているわけではありませんが、原則として団体内のベルトだけで最大7つの選手権試合を組むことが出来ます。

しかし、全ての選手権試合が組まれるのは東京ドーム大会と大阪城ホール大会しかありません。

このような状況になっている理由は、新日本プロレスは東京ドームと大阪城を1年間の軸としていること。

そしてその2つの軸に行き着くために選手権試合は基本的に分散させて試合が組まれているということです。

例えば2月のビックマッチは2大会ありました。

2.5札幌大会と2.11大阪大会です。

2.5の選手権試合はIWGPジュニアタッグ、NEVER無差別級、IWGPタッグ、IWGPヘビーの4つが組まれました。

そして2.11大阪大会ではNEVER6人タッグ、ブリティッシュヘビー級、IWGPタッグ、IWGPジュニアヘビー級IWGPヘビー級の5つが組まれました。

 

こうすることによって何が起きているというと。

1)ビックマッチを多く開催し、興行数=動員数増加

2)興行数は増えても、選手たちへの負担は変わらない(なぜなら選手権試合は分散しているから)

3)国内最大の所属選手数を余すこと無く、前半戦の多人数タッグで出場させることが出来る。

 

3)で触れた「所属選手数の増加」についてですが、これが起こったことにより、怪我以外の欠場が可能になります。

例えばBULLET CLUBは1月は欠場しました。

コンディション調整も出来たことでしょう。

そしてニュージャパン・カップは真壁刀義は出場していません。

これは新日本以外のリングでの活動のためという理由です。

この2つの欠場が可能になったのは、選手数が多いからでしょう。

 

ポイントをまとめます。

・大会数は増加することで営業成績アップ。

・選手権試合を分散させて地方でのビックマッチでも満足感を与える。

・先週数増加により、選手の負担は減。

 

可能になったことは

・コンディション調整のための欠場。(「復活」の演出も可能)

・プロレス以外の活動のための欠場。(世間へのアピール)

・他団体への参戦のための欠場。

 

この状況が作り出せたのは、インターコンチネンタル選手権が、メインイベントで行っても何ら問題ないということに尽きるでしょう。

そして、NEVERの価値や、IWGPジュニアが「メインイベント」に絶えられるだけの試合になれば、ビックマッチは益々増えることになるでしょう。

そのことに期待して2017年、まずはレスリングどんたくと、レスリング豊の国の大成功を期待しましょう。

 

 

 

 

 

 

新日本プロレス1.4戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

2ヶ月前の出来事ですが、振り返ります。

個々数ヶ月更新をしていなかったツケがこういったカタチで表れています。

 

0試合は毎年恒例のニュージャパンランボーです。

毎年思うことなのですが、優勝者には何か特権を与えても良いのではと思います。

WWEロイヤルランブルと比べるのは、もしかしたらナンセンスなのかもしれませんが、そうしないとあまりにテーマがありません。

「エルガン完全復活」というのはもしかしたらテーマなのかもしれませんが、第0試合ですし、時間があるので、バックステージコメントではなく、ぜひリング上でマイクアピールしてほしかったです。

 

1試合はタイガーマスクWとタイガー・ザ・ダークという、TVアニメタイアップマッチ。

しかし、マスクが合わなかったのか、コンディションが悪かったのか、結果としては「TVアニメの宣伝」に終始してしまった気がします。

 

2試合はIWGPジュニアタッグ選手権。

ヤングバックスは3度目の防衛戦でしたが、失敗し六本木ヴァイスに王座が移り49代王者となりました。

2016.1.4から2017.1.4までジュニアタッグには、ヤングバックス(44,48)リコシェサイダル(45,47)、六本木ヴァイス(46,49)と4組で順繰りしていた印象です。

そして、48代ヤングバックスは2度防衛しましたが、それ以外は防衛0回と、かなり不安定な結果となりました。

 

3試合はNAVER無差別級6人タッグ選手権

ガントレットマッチ」というのもわかりにくいですが、ざっくりと説明すると勝ち抜き戦といえば良いんでしょうか。

個人的にはこのベルトはあまり好きではありません。

地方巡業で常に防衛戦を行うとかにすれば良いんでしょうかね。

 

4試合はノンタイトル戦。

ジュース・ロビンソンとCodyことコーディー・ローデスの試合。

CodyBULLET CLUBにも加入しました。

技術もしっかりとしている上に、かつてはスターダストという、イロモノキャラもやっていました。

イメージとすれば平澤光秀キャプテン・ニュージャパンをやっているみたいなことです。

1.4における「スペシャシングルマッチ」というのは、期待感が非常に込められています。

昨年は後藤洋央紀内藤哲也がこの冠で試合をしました。

その後は御存知の通り、2016年の後藤洋央紀IWGP挑戦(結果は敗戦)、ニュージャパン・カップ準優勝、G1クライマックス準優勝。内藤はニュージャパン・カップ優勝、IWGP戴冠、IWGPIC戴冠、東スポプロレス大賞MVPと、両者とも充実の1年でした。

そしてここで注目すべきは、20161.4で負けた内藤哲也の方がより充実していたという点です。

ジュースはこのジンクス通り、大ブレイクする1年になることを祈っています。

 

5試合はROH世界選手権試合。

この試合で注目すべき点は「ROH最高峰のベルトが新日本で移動した」ということです。

この事実は、新日本プロレスROHの関係の深さを表しています。

ROH遠征はますます増えるのでは無いでしょうか。

 

6試合はIWGPタッグ選手権3WAYマッチです。

ガントレットマッチもそうですし、3WAYマッチもそうなんですが、直接対決ではない試合形式はどうしても、テーマがぶれてしまいますね。

矢野通は、ノアの経営体制が変わったことにより、ここに食い込んできました。

ワールドタッグリーグをやった意味とは?という思いとワールドタッグリーグ決勝のりマッチにならなくて良かった。という2つの気持ちが交差してしまいます。

 

7試合はIWGPジュニアヘビー級王座選手権です。

高橋ヒロムは凱旋帰国して、前哨戦は戦いましたが、初のビックマッチで王座戴冠。KUSHIDAのリマッチの可能性もありますが、誰と絡んでもほぼ初遭遇というのは、レインメーカーショックに近いものを感じます。

久々の生え抜きジュニアレスラーとして、期待しています。

 

8試合はNAVER無差別選手権。

1年間毎月防衛戦を行った柴田勝頼ですが、もはや止めることが出来る人が居なかったというのが事実です。

永田、EVILは戴冠しましたが、ダイレクトリマッチで柴田に戻っています。

後藤洋央紀柴田勝頼からベルトをとるということに意味があります。

そして、柴田勝頼はリマッチはせず、NAVER以外(IWGPにかぎらず)の路線に進むのでは無いでしょうか。

 

9試合はIWGPインターコンチネンタル王座選手権です。

2016年は棚橋弘至の不調と内藤哲也の好調が新日本プロレスにとって大きな要素でした。

それを全てフォロー出来た試合だったと思います。

 

10試合はメインイベントIWGPヘビー級王座選手権。

1.4はベストバウトに選ばれにくいです。なぜならベストバウトの発表というのは原則年末に行われるので、1.4というのはどうしても印象が薄くなってしまう。つまりG1G1以後の試合が選ばれることが多くなります。

しかしそれを加味しても今回の試合はベストバウト候補間違いなしです。