読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも一生プロレスを見ると思う。

プロレスラーのハヤブサさんが、亡くなられました。

 

一緒に戦ってきた仲間、同じ時代に生きたレスラー、影響されたレスラーが、実感を得られずにいる中で、

たった1人のプロレスファンが、何を言えるのか。何を書くのか。

ずっと悩んで、考えても、どうにも出来ない気持ち。

だからこの何日かプロレスの事考えたり、ハヤブサについて書いたり出来ませんでした。


まだ落ち着いてすらいませんが、書きます。


ハヤブサありがとう。

 

ハヤブサの、全盛期を映像でしか知りません。

しかしプロレスファンでいた中で最初の衝撃と、プロレスの辛さを感じた瞬間が、ハヤブサの事故です。

 

心から思っていることですが、プロレスは人を幸せにするパワーを持っていると思っています。

小さいかもしれませんが、プロレスによって、助けられると思っています。

僕自身がそうです。

 

しかし、その幸せや救われた感の裏には、人生をかけて、命をかけて、リング上に立っている人たちがいます。

そのことを、事故やレスラーの死と向き合った時にしか、思い出せない自分の不甲斐なさと残酷さを感じます。

 

ただ15年もリングを諦めなかったハヤブサ。そうさせたプロレスの魅力。

その魅力があるから、僕らは辛さを感じても、プロレスを一生見るんだと思います。

 

今ここで書くことではないかもしれませんが、

幸せと、その正反対が存在するプロレスというものが、自分は大好きです。

ずっと、大好きです。